それって逆効果!こんなわきが対策はNG

わきが対策には逆効果になるものある

わきがは生活習慣を見直すことで改善できる可能性があります。
クリニックに通わずにわきがが治るなら、まず試してみたいと思う人も多いでしょう。
ただし、自分でできるわきが対策には色々なものがありますが、なかには逆効果になってしまうものがあるので注意が必要です。
まちがったわきが対策をしていないかチェックしていきましょう。

ベビーパウダーを使う

赤ちゃんのスキンケアに使用されるベビーパウダーは、殺菌作用や肌をサラサラにする効果があるため、わきが対策に効果的だと思う人もいるでしょう。
しかし、毛穴を塞いでわきがを悪化させてしまう可能性があります。
ベビーパウダーを使う際は、脇にパウダーと汗が残らないようにふき取ったり、完全に乾かしたりする必要があります。
手間をかけないと悪化させてしまうリスクがある上に、わきがに対して大きな効果は得られません。
ベビーパウダーは脇をサラサラにする効果は多少ありますが、長時間の効果はなく、赤ちゃんに使用できるくらい肌に優しい成分でできているので殺菌作用も低めです。
わきが対策にはおすすめできません。

ロールオンタイプのデオドランドを使う

わきがの臭いを抑えるために、デオドランドを使用する人は多くいます。
エチケットにもなりますから携帯している人もいるでしょう。
デオドランドにはスプレータイプとロールオンタイプがありますが、ロールオンタイプはわきが対策には不向きです。
脇に直接塗るので、わきがの原因となる雑菌がボトルの先端のボール部分に付着して、ボトルの中に入ってしまいます。
これを繰り返すことで、わきがの原因入りのデオドランドになってしまうのです。
消臭効果が減るだけでなく、わきがを悪化させてしまう恐れもあるので、注意しましょう。

安いわきが対策クリームを使う

わきが対策クリームには市販の商品もあります。
クリニックで処方されなくても、ドラッグストアなどで気軽に購入できるので使用している人も多いでしょう。
低コストなのも魅力です。
しかし、市販のわきが対策クリームは、わきがを悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。
市販の安いわきが対策クリームには肌を必要以上に乾燥させてしまう作用があります。
脇が乾燥すると、汗がたくさん分泌されてしまうので、わきがの臭いも強くなります。
クリームを塗った後すぐは消臭効果が得られるかもしれませんがすぐに再発したり、さらに強い臭いを引き起こしたりしてしまうかもしれません。
わきがクリームを使用するなら、クリニックで処方してもらうか、通販の良質な商品を選びましょう。