【わきがケア】わきがの人はシャワーだけでは臭いが取れない…?

シャワーだけではわきがの原因を除去できない
入浴は、つい簡単にシャワーだけで済ませる人も多いかもしれません。しかし、わきがの人はシャワーだけでは臭いを取り除くことは難しいのです。わきがの臭いの原因は、アポクリン腺からの汗に含まれる皮脂やタンパク質、老廃物が細菌と混ざり合うことです。そしてシャワーを浴びるだけでは、体が十分に温まらず汗もあまりかきません。その結果、アポクリン腺にたまっている皮脂などが排出されにくく、臭いの原因がとどまったままになってしまうのです。

湯船にゆっくり使って皮脂や老廃物を排出する
入浴するときは、湯船にゆっくり使ってたっぷり汗をかくのがおすすめです。湯船で体が十分に温まると、アポクリン汗腺の働きが活性化されて汗が大量に分泌されます。すると、アポクリン腺にたまっている皮脂や老廃物が体外に排出され、臭いの原因を流してくれるのです。また、普通に湯船につかるよりも、少し熱めのお湯でひざ下・ひじ下のみつかる方法や、ぬるめのお湯で半身浴する方法が有効です。この方法ならより汗腺の働きをうながし、汗をたくさんかけるようになります。また、この入浴方法はリラックス効果もあり、わきがの原因の1つであるストレス解消にもなるでしょう。その他、湯船のお湯にお酢や重曹を少し入れると、殺菌作用を発揮して有効ともいわれています。

わきの洗い過ぎはNG
湯船から上がってわきを洗うとき、あまり強く洗いすぎるのはNGです。シャワーではわきがの臭いが取れないならちゃんと洗えばいいと思いがちですが、それは間違いなのです。たとえば、タオルでごしごし洗ったり1日に何度も入浴したりすると、臭いのもととなる細菌は洗い流せますが、同時に皮膚を守る常在菌まで除去してしまいます。その結果、臭いを発する細菌が余計に増殖してしまい、逆効果になるのです。わきに汗をかいたときにはこまめに拭き取るのがいいですが、入浴自体は1日1回とし、よい細菌を洗い流し過ぎないようにします。さらに、タオルでこするときは優しくボディソープの泡で洗い、また殺菌作用が強すぎる石鹸も使わないようにしましょう。

しっかり入浴してデオドラントケア
湯船につかってしっかり汗をかき、お風呂から上がったあとはきちんとデオドラントケアをしましょう。穏やかな殺菌効果や消臭効果があるわきがクリームなどが市販されているため、利用するといいでしょう。またミョウバンも消臭効果のあるものとして知られており、水に溶いてスプレーとして利用すると一定の効果を発揮します。こうした入浴法を実践すれば、ある程度わきがの臭いが抑えられわきが治療の必要もなくなるかもしれません。