タバコはワキガに影響する?

タバコが発汗にもたらす影響とは

タバコには、さまざまな有害物質が含まれています。
そのうちの1つであるニコチンは、タバコに依存する要因ともなる物質です。
ニコチンが体に与える影響にはいろいろありますが、その中にはワキガの原因となるアポクリン腺の活動を活性化させる働きが含まれます。
ニコチンは脳から自律神経を刺激し、アポクリン腺の発汗を促します。
その結果、ニオイのもとを多量に作り出してしまうのです。

また、ニコチンはエクリン腺にも働きかけ、発汗量を増やします。
これがさらにニオイをきつく感じさせる要因となるのです。
このように、タバコはワキガのニオイと大きく関係しています。

汗の量が増えるとニオイもきつくなる

アポクリン腺からの発汗が多くなると、皮脂やタンパク質が多量に分泌されて皮膚に存在する雑菌がそれを分解します。
そして、ワキガ特有のニオイを発してしまうのです。
つまり、アポクリン腺からの発汗が多くなればなるほど、強いニオイを発するわけです。

さらに、エクリン腺からたくさん分泌される汗がニオイを周囲に拡散させ、よりニオイを強く感じさせてしまいます。
汗の量は、ニオイの発生および拡散に関与し、ワキガの症状をより重いものにしてしまうという仕組みです。

その他体臭全般に影響を与えるタバコ

タバコに含まれる成分は、ワキガだけではなく体臭全般に悪影響を与えると考えられています。
タバコに含まれるタールや一酸化炭素は、血中の酸素濃度を薄めてしまい老廃物であるアンモニアなどを分解できない状態になります。
その結果、血中のアンモニアが汗として排出され体臭の原因になると考えられます。

さらに、一酸化炭素は血中の脂質を酸化させ、加齢臭の原因であるノネナールを産生するといわれています。
その結果、強い加齢臭が発生するのです。
これらの体臭がワキガのニオイと合わさると、さらに強烈になって周囲に拡散されます。
逆に言えば、タバコを控えることで体臭全般が抑えられる可能性もあるということです。

ニオイを抑えるために禁煙しよう

ワキガを始めとした体臭を抑えるためには、禁煙するのが有効です。
とはいえ、タバコは依存しやすくやめるのには苦労するでしょう。
そのため、少しずつタバコの本数を減らしていく方法がおすすめです。
まずは、タバコを吸わない時間を数時間・半日・1日・2日といったように少しずつ長くしていきます。
また、タバコを吸わない日を1日決めておくのもいいです。
そして吸わない期間が長くなると離脱症状が現れますが、家族など周囲の人に協力を求めて乗り切れば、だんだん吸いたい気持ちが薄れてきます。