外出前にできる簡単わきが対策!

外出前にシャワーを浴びる

わきがが気になっているのであれば、外出する前に自宅でできる対策を施しましょう。
完全に臭いを消すことは難しいですが、軽減することは可能です。
まず外出する前、時間に余裕があればシャワーをしましょう。
わきの下の汗や汚れを取り除き、清潔に保てば臭いにくくなるからです。
また外出していると、わきの下に汗をかくのも避けられません。
そこでトイレに入ったときなどに、わきの下の汗をタオルなどでこまめに拭き取る習慣をつけるのもおすすめです。

天然繊維の服を着用する

インナーや下着は綿やシルクなどの天然由来の成分を素材にしたものを着用しましょう。
天然素材の繊維は吸水性と通気性に優れているからです。
通気性がいいので汗で蒸れて、雑菌が繁殖する心配がありません。
また吸水性に優れているので多少汗をかいても、わきの下がべたつくような心配もありません。
化学繊維の素材よりもわきがの臭いを発しにくくできます。

わき毛を処理する

わき毛を生やしたままにしていると、雑菌の温床になりかねません。
わき毛を定期的に処理して、雑菌が生存しにくい環境を作ることです。
脱毛器を使って、根元からわき毛を処理したほうがなかなか再生しないのでおすすめです。
カミソリを使った処理は手軽に行えますが、わきの下の肌にダメージを与える危険性があります。
また埋没毛といって、皮膚の下でわき毛が成長してしまうこともあり得ます。
埋没毛になると、逆にわきがの臭いをきつくする恐れもありますので注意しましょう。

制汗剤の使用

ドラッグストアなどに行くと、制汗剤がいろいろと販売されているはずです。
制汗剤を出かける前に脇の下にシュッとひと吹きしてみましょう。
制汗剤には汗の分泌を抑制する効果のほかにも殺菌効果のある成分の含まれている商品もあります。
汗の出を押さえ、細菌の繁殖を抑制することでわきがの臭いが気にならないレベルまで持っていくことができます。
いくつか制汗剤を使ってみて、自分に合ったものを探しましょう。
また制汗剤の中にはローションやパウダー、スプレーといろいろなタイプが販売されています。
どのタイプが自分向きかで判断して、商品選びをしてもいいです。

汗拭きシートを携帯する

夏場の厳しい暑さの時には、外に出ているだけでも脇の下から汗が噴き出すこともあるでしょう。
そのような場合には出かける際に汗拭きシートやボディーシートを持っていくのもおすすめの対策です。
汗が気になったときには脇の下をサッとひと拭きすれば、わきの下がサラサラになって清潔感をキープできます。