毛深い人はわきがになりやすい

わきがと毛深さの関係

わきがの根本的な原因となっているのは、アポクリン腺という汗腺の一種です。アポクリン腺は汗として体液を分泌するのですが、これが皮膚上で菌などと反応することで独特な匂いを発します。それがわきがの正体です。つまり、アポクリン腺の働きが活発であればあるほど、わきがに悩まされる可能性が高くなります。それでは、毛深さとはどのような関係があるのでしょうか。毛深い人というのは、人よりもアポクリン腺の働きが活発な可能性が高いです。特に耳や脇などのアポクリン腺がある部位の毛が濃い方は、アポクリン腺の影響を受けやすい体質だと言えます。つまり、アポクリン腺はわきがの原因にもなるため、結果的に毛深い人はわきがになりやすいわけです。もしくはすでにわきがになっていて、それが悪化しやすい人とも言えます。

毛の処理をすれば大丈夫?

毛の処理をしても、正直なところアポクリン腺の働きを抑制することにはなりません。見た目として無駄毛を処理するのは重要です。しかし、そもそも毛深い人はアポクリン腺の働きが活発な可能性が高いです。つまり、わきがを治したいということであれば、毛の処理をするのではなく、アポクリン腺の処理をした方が良いでしょう。アポクリン腺に関しては医師に相談すれば、働きを抑止することが可能です。手術や施術によっては除去することも可能です。そうなれば、アポクリン腺から分泌される汗も少なくなり、わきが特有の嫌な匂いが出なくなります。ただ、毛に菌が付着していることもあるため、毛深い人は毛の処理をすることで若干体臭にも影響を与えるかもしれません。何より毛深いと見た目も不潔に見えてしまうので、ある程度の毛の処理は必要となります。清潔感を保つためにも、無駄毛は処理することをおすすめします。

本気で治療するなら専門の医師

わきがに関しては、悩まされている本人にしかその苦しさはわかりません。実際にわきがに悩まされている方は全国各地に大勢います。ただ、対処しない限り、わきがというのは治りません。ある程度症状を抑えることはできても、アポクリン腺の働きを抑えない限り、わきがの根本的な治療とは言えません。アポクリン腺の手術や施術をおこないたいと思っている方は、ぜひ治療する方法を確かめてみてください。医師とカウンセリングをすれば、解決策も見えてくるでしょう。まずは勇気を持って相談してみることが必要となってきます。