わきがとホルモンの関係

わきがとホルモンの深い関わり

わきがとホルモンは、深い関わりがあると考えられています。性ホルモンと呼ばれる男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが、わきがの臭いを引き起こすと言われています。性ホルモンが活発になる思春期の頃にわきがの臭いが強くなるのはそのためです。男性らしさや女性らしさを作り出すフェロモンは、体臭に強い影響を与えます。明確なことはわかっていませんが、性ホルモンの変化によって変化するフェロモンがわきがの臭いの原因の一つなのではないかと言われています。

男性ホルモンとわきがの関係

わきがの原因となるアポクリン汗腺の成分には「アンドロステロール」や「アンドロステロン」という男性ホルモン様のステロイドが含まれています。そのため、男性ホルモンの分泌が活発になると、わきがの原因となるアポクリン汗腺の働きも活発になり、わきがの臭いが強くなるのです。男性ホルモンは思春期を迎えると急激に増えていきます。筋トレや、筋肉増強サプリなどで男性ホルモンが刺激されるとわきがの臭いが強くなることもあるでしょう。中年以降になり、男性ホルモンの分泌が減ると、臭いは弱くなると考えられています。

女性ホルモンとわきがの関係

女性は男性に比べて、ホルモンバランスが乱れやすいです。女性ホルモンエストロゲンとプロゲストロンは生理や妊娠、出産などの影響を受けてバランスを崩すことが多く、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌が増えると、わきがの原因となるアポクリン汗腺の分泌が増えます。わきがの臭いに強弱があることが多いのもホルモンバランスが乱れやすい女性ならではの特徴です。妊娠や出産、閉経により、エストロゲンの分泌が減ってホルモンバランスが整うと、わきがの臭いは弱くなると考えられています。

ホルモンバランスの乱れに気を付けましょう

ホルモンバランスの乱れは、わきがの臭いを悪化させる原因の一つになります。ホルモンバランスは生活習慣の乱れやストレスに大きな影響を受けますから、ストレスをためないことや、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。女性は毎月生理があるのため男性よりもホルモンバランスが乱れやすいので、特に注意しましょう。アポクリン汗腺の分泌を増やす性ホルモンは年齢とともに減少するので、わきがの臭いは年齢とともに弱くなることが予想されます。分泌が多い時期にはホルモンバランスを整えることでわきが対策をしていきましょう。