え?運動不足はわきがの原因になる?

運動不足は汗腺の衰えを招きます

わきがの原因と言われるアポクリン汗腺から分泌される汗は、ベタベタとした粘り気があります。
一方、エクリン汗腺から分泌される汗は99%以上が水分なのでサラサラしており、無臭なのが特徴。
しかし、運動不足で汗をかく機会が少ない人は、汗腺が衰えてしまうため、エクリン汗腺から分泌される汗も粘り気がありニオイが強くなってしまうのです。
また、運動不足の人は全身ではなく体の一部から汗を分泌し体温調節をするようになるので、元々汗腺の多いわきに汗が集中することも考えられます。
わきの汗が増えると、当然ニオイも気になりますし、多汗症になったと感じる人もいるようです。

汗には良い汗と悪い汗がある

体臭を気にする人は「なるべく汗をかきたくない」と思いがちですが、汗は体の老廃物の排出や、体温調節をする役割を担っています。
それゆえ、汗をかくことはとても大事。
そんな汗には「良い汗」と「悪い汗」があり、良い汗は小粒で乾きやすくサラサラしているのが特徴です。
また、ニオイはほとんどしません。
反対に悪い汗は、ニオイが強く汗の粒が大きいといった特徴があります。
汗の乾きも悪くベタベタしているので、不快に感じるでしょう。
悪い汗をかく原因は、運動不足のほかに冷房の部屋にいることが多いことや、水分不足、冷え性、ストレスなどが挙げられます。

汗腺は鍛えられます

汗腺は筋肉と同じように鍛えることで、衰えた機能を取り戻すことができます。
具体的には、ウォーキングなどの有酸素運動で全身の血液循環を良くし発汗しやすい体にすることで良い汗をかけるようになるでしょう。
ストレッチやホットヨガ、腹式呼吸なども体温が上がるため発汗作用が期待できます。
また、リラックス効果がある半身浴もおすすめです。
ぬるめ(36℃くらい)のお湯に、みぞおち辺りまでじっくりゆっくり浸かることで、体の芯から温まり汗が出てきます。
半身浴をする時間は、だいたい10~15分がよいでしょう。

わきのニオイが気になるようなら制汗剤でケアをしましょう

汗は体温調節をすると説明しましたが、わきと足からかく汗はその機能を持っていないため、制汗剤で汗を止めても問題ありません。
近年では直塗りタイプの制汗剤なども販売されているため、わきのニオイが気になる人はケアに取り入れてください。
ただし、制汗剤を多用しすぎると汗が分泌されないため肌荒れや毛穴が詰まる恐れがあります。
そのため、適度な使用を心掛けましょう。