わきがに香水は逆効果!?

消臭対策にはならない

ワキガ対策として香水を使用しようと思っている人はいませんか?結論から言うとこれはリスキーです。
香水を使用したワキガ対策は、消臭にはなりません。
香水の香りを利用してワキガの臭いをカムフラージュするのが目的です。
しかしこの場合、自分の体臭とマッチする香水を使用しなければなりません。
さもないと、ワキガの体臭と混ざり合うことでより強烈な臭いになってしまう恐れがあります。
自分の体臭は気づきにくいので、香水を振りかけることでますます逆効果になってしまう恐れがあります。

ごまかし切るのは難しい

うまく自分の体臭にマッチする香水が見つかったとしても、完璧にわきの下の臭いを打ち消すのも難しいでしょう。
香水はそもそも体臭を補助的に隠すのが目的です。
消臭効果はありません。
もしワキガ対策として香水を使用するのであれば、デオドラント商品も併用しなければなりません。
デオドラント商品に含まれている消臭・殺菌効果によって、ワキガの臭いを抑制し、そのうえで香水で臭い消しを行わないと満足できる効果が得られないかもしれません。

日本は無臭が好み

強い香りの香水をつけている人に出くわすと「臭い」と思ったことはありませんか?いい香りでも悪臭でも、日本人はどちらかというと強烈な臭いを好まない傾向が見られます。
世界的に見ても、香水の売れない国が日本といわれているほどです。
ですからワキガ対策として香水を利用する方法は、日本ではあまり好まれません。
最近では「スメルハラスメント」「スメハラ」など、臭いに対してますます敏感になりつつあります。
ビジネスシーンや公共の場所で香水を使うのであれば、つけすぎには特に注意が必要です。

使い続けると知らず知らずのうちに迷惑をかけていることも

香水を長く使い続けると、強烈な臭いでもなれてしまってあまり感じなくなります。
嗅覚は順応する性質があります。
ワキガの方の中には、自覚症状のない人も少なくありません。
これは長くワキガでずっとそのにおいをかぎ続けたことで嗅覚がマヒしてしまっているからです。
香水を使い続けて当人は気にならなくても、ワキガと混ざって強烈な臭気を振りまいている可能性があります。
知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけているかもしれません。
香水を使ってワキガ対策をするのであれば、無香料の消臭剤を使ってみるといいでしょう。
殺菌効果のある消臭剤を使って雑菌の繁殖を抑えることで、ワキガが気にならない、周囲に不快に思わせないレベルまで持っていけるかもしれません。