通気性の悪い下着や服がわきがにつながるかも?

通気性の悪い服は蒸れてにおいの原因に

わきにかく汗は、腕を閉じた状態では蒸発しにくく蒸れやすい状態です。
さらに、わきがの原因となるアポクリン腺からの汗は、粘り気があり蒸発しにくい性質を持ちます。
そこへ、通気性の悪い素材の下着や服を着るとさらに汗がその場にとどまり、細菌の増殖を促進させにおいを発する原因となります。
さら熱もこもってしまうため、よりにおいが目立つようになってしまうのです。
わきは常に通気性のよい状態に保っておくことが、わきがのにおい軽減ポイントの1つです。

通気性の悪い下着や服の素材

下着や服の素材の中で、特に通気性の悪い素材としてナイロンやポリエステル、レーヨンなどの化学繊維があげられます。
これらの素材は空気を通しにくいほか汗を吸収しにくく、わき汗をそのままとどまらせてしまうのです。
その結果、わきが蒸れてにおいを拡散しやすい環境を作り出すわけです。
これらの理由から、自分でわきがチェックをするときも、実際より重い症状ではないかと思ってしまう可能性もあります。

これら化学繊維全般の中でも、特にレーヨンはにおいを残しやすい素材であるとされています。
そのため、わきがのにおいは下着や服につきやすく、さらに強くにおいを感じてしまう原因となるようです。
また一説では、レーヨンに含まれる物質がわきの細菌に分解され、においを発する可能性もあるといわれています。
いずれにしても、化学繊維を使用した下着や服は避けるようにするのが得策でしょう。

どんな下着や服を身に着けるのがいい?

一方、通気性のよい素材としては綿や麻、シルクなどがあげられます。
これらの天然繊維は空気をよく通すだけではなく、吸水性も優れているため汗をよく吸い取ってくれます。
その結果、わきも汗で蒸れにくくなり、雑菌の繁殖を防いでにおいの原因を軽減することができるのです。

これに加えて、さらにわきを締めつけないようなゆったりした下着や服を身に着けるのも、わきの通気性をアップさせる方法です。
そのため、下着や服はジャストサイズのものよりは余裕のあるサイズを選んで、わきに空気を通りやすくするのがおすすめです。

それでもにおいが気になるときは

通気性のよい天然繊維のものを身に着けても、やはりわきのにおいが気になるときは、わきが治療を検討してみましょう。
わきがは体質ですから、天然繊維でにおいを軽減できたとしても、根絶することはできません。
できるだけ症状が軽くなる状態でわきがチェックを行い、それでも気になるなら医師に相談してみてください。