意外!冬のわきが対策はしておくべき

冬でも対策が必要な理由

夏だけ対策を採っていれば大丈夫!そんな考えは大間違いです。
実は、わきがのニオイは寒い冬でも強くなってしまうことがあります。
そのため冬でも、わきがの対策は万全にしておきましょう。
なぜ寒い冬にニオイが強くなるかというと、厚着をしているからです。
寒いため、どうしても防寒として何枚も重ねて洋服を着てしまいます。
そうなれば脇は自然に蒸れてしまい、汗の量も多くなってしまうでしょう。
さらに室内に入れば上着を脱ぐため、一気に洋服内にこもっていたニオイが解放されます。
その結果、周囲にニオイが分散することに繋がるでしょう。
また冬は、夏よりも汗腺が弱まる季節です。
そのためニオイの元は体内で蓄積されてしまいます。
そのため夏よりも濃厚な汗となり、ニオイを強くしてしまうようです。
さらに冬の恐ろしい点は、洗濯回数が減ってしまうこと。
コートやセーターなどを毎日洗う人は少ないでしょう。
毎日洗わないということは、繊維にニオイが染みつきやすい状態です。
そこで雑菌が繁殖すれば、わきがのニオイを発生させてしまいます。
つまり冬は夏と同じように対策が必要な季節といえるでしょう。

冬のわきが対策

1.脇を清潔に保つ

冬だから汗をかいていないと思わないでください。
冬も洋服を着こむことで発汗しています。
そのため、こまめに脇をふき取るようにしましょう。
雑菌が繁殖できない環境を作ることで、わきがのニオイを抑制することができるはずです。

2.通気性の良い洋服を選ぶ

冬は洋服の枚数が増えるため、非常に通気性が悪くなってしまいます。
そのため少しでも通気性の良い洋服を選びましょう。
また、外気温に対応できるように、重ね着がおすすめです。
少しでも暑いと感じたら1枚脱ぐなど、こまめに調節してください。
そうすることで脇部位の蒸れを抑制することができます。

3.保湿を心がける

わきがと保湿は関係ないイメージがあるでしょう。
しかし乾燥が進行すると、皮脂が過剰に発生します。
皮脂と汗が混ざってしまえば、わきがのニオイが強くなる可能性が高まるでしょう。
特に冬は乾燥しやすい季節なので、脇部位も乾燥させないように心がけてください。
お風呂上りに保湿クリームを塗ることが大切です。
またわきがクリームを使用する場合には、保湿効果の高い物を選ぶと良いでしょう。

4.汗をかく

老廃物が体内に蓄積することによって、ニオイは強くなってしまいます。
そのため普段から汗をかく習慣をつけると良いでしょう。
ジョギングなどの運動を実施する、入浴時間を長めにするなど、発汗を促してください。