わきが治療で体への負担が少ない方法は?

切らないわきが治療の方が断然負担が少ない

わきが治療で体に負担がかかるかどうかは、皮膚を切る外科手術か切らない施術方法かで大きく分けることができるでしょう。
外科手術を受けた場合、数mm~数cmの傷ができるほか汗腺組織周辺にも大きなダメージが加わり、術後1週間は患部を圧迫固定して傷が治るまで2週間程度を要します。
この間、痛みや腫れが生じたり日常生活にも制限が出たりするため、負担は大きいといえます。

一方、皮膚を切らない施術では傷ができないことはもちろん、汗腺組織周辺へのダメージも最小限で済みます。
そのため、痛みや腫れが少ないだけではなく、傷の治りを気にする必要もなく、術後すぐに日常生活に戻ることが可能です。
これらの理由から、切らないわきが治療の方が体への負担は断然少ないといえるでしょう。

痛みが少ないことは重要

体への負担で一番に考えることは、痛みがあるかどうかです。
皮膚を切らないわきが治療は総じて痛みが少ない~ほぼないものが多く、術後に痛みを引きずる心配は不要なのです。
ミラドライやビューホット、ペアドライなどの治療は痛みが少なく、ボトックス注射は注射針の痛み以外ほぼ感じないとされています。

日常生活で痛みを引きずると、生活自体はできたとしても肉体的、精神的な負担が大きくなるものです。
また、痛みが苦手な人にとってはなおさら大きな負担となるでしょう。
そこで、痛みができるだけ少ないわきが治療を選ぶことは、負担の軽減に重要なポイントとなります。

ダウンタイムについてもチェックしよう

体への直接の負担に加え、生活に支障が出るダウンタイムについても考えておくべきでしょう。
切る外科手術の場合、患部を圧迫固定しなければならない期間は、日ごろの動きにも制限が出るはずです。
また入浴に関しても、丸めたガーゼを当てた状態でできるだけ濡らさないように行わなければならず、不便を感じるかもしれません。

一方、切らないわきが治療ではこうしたダウンタイムはほぼなく、術後すぐに自由に動けるほか、入浴も翌日からOKとするものがほとんどです。
そのため、日常生活に不便を感じることなく通学や通勤も問題なく行えることから、負担が少ないといえるのです。

通院回数が少ないこともポイント

切らないわきが治療の中でも、1回でほぼ施術が終了するものと、数回にわたって施術を受ける必要があるものが存在します。
ミラドライなどの方法はだいたい1回、多くても2回の施術で済むとされますが、医療レーザーの場合は3~8回にわたり通院して施術を受けなければなりません。
自分でわきがチェックをした後、治療の必要性を感じたら、こうしたスケジュール上での負担も考慮に入れて、治療方法を考える方がいいでしょう。