ボトックス注射でわきがを軽減させよう

わきが治療でボトックス注射

わきが治療ではさまざまな治療方法が活用されています。そんな中、近年は原因となるアポクリン腺の働きを抑えるだけではなく、皮膚に対しての治療をおこなうことも可能となっているのです。その方法の1つがボトックス注射です。これはもともと美容目的でおこなわれてきた治療法ですが、実はボトックス注射には多汗症を抑える効果も期待できます。つまり、皮膚に対しての治療を行いつつ、汗をかきにくくしてくれるのです。当然ですが、わきがの方は汗さえかかなければ、強烈な匂いを出すということは少ないでしょう。アポクリン腺を除去することばかりに治療方法が集中していますが、ボトックス注射なども効果的な方法として知っておくと良いかもしれません。特に手術や施術が怖いという方にとっては、魅力も大きいです。

ボトックス注射の魅力

ボトックス注射は、まずアポクリン腺を除去するわけではないので、メスを身体に入れる必要がありません。多くの場合、わきが治療ではメスを入れて皮膚を切開し、アポクリン腺を除去するということが行われています。しかし、その場合は当然ですが傷口も大きくなりがちです。近年は傷口がとても小さな方法も出ていますが、どちらにしても脇を切るというのは怖いという方もいるでしょう。ボトックス注射の場合は、注射をするだけ効果を発揮してくれるので、大々的な治療が必要ありません。軽度のわきがの方であれば、このボトックス注射だけでも効果を発揮してくれます。重度の場合はさすがに対応が難しい場合もあります。ただ、そこは多汗症を抑えることによって、抑制することは可能です。他の手術や施術に比べても、安心して受けられる方法となっています。

ボトックス注射の効果

ボトックス注射の場合は、直接アポクリン腺を除去するわけではないので、他の方法に比べると効果は薄いかもしれません。本来、わきがというのはアポクリン腺から分泌される汗が原因となっています。そのため、どうしても気になる場合はアポクリン腺の働きを抑止することが重要となってくるのです。ただ、多汗症の抑制にも効果があるボトックス注射は、効果が薄いとも一概には言えません。汗を押さえてくれるので、比較的嫌な匂いの原因も生まれにくくなっていきます。そうなった結果、やはり安心して過ごせるようになるかもしれません。何が最適なのかは、専門の医師に相談してみてください。それが重要です。