人にバレずに治療できる方法はある?

バレたくないならダウンタイムが少ない方法を選ぶ

わきが治療が人にバレないようにするには、治療後のダウンタイムがほぼない、または短いものを選ぶのが得策です。
皮膚を切る手術では長いダウンタイムが必要で、安静期間が最低でも1週間はあり、その間仕事や学校生活などを通常どおり行うのが難しくなります。
重いものを持てない・運動が制限されるなど、普段とは違う行動によって、わきが治療をしたことがバレてしまう可能性があるのです。

その点、皮膚を切らない治療であれば腫れや痛みが少ないため、安静期間もほぼなく治療翌日から通常の生活に戻れるものが多いです。
このようにダウンタイムで生活に支障が出る心配がない治療方法であれば、人にもバレにくく安心です。

傷口が残らないこともポイント

皮膚を切る手術を受けると、わきに傷が残りノースリーブや水着になったときに目立ってしまう可能性があります。
わきの傷も、治療がバレてしまう要因の1つです。
そのため、皮膚を切らない治療を選んでわきに傷が残らないようにすると、わきを出しても気にならず人にわきが治療を知られることもありません。

傷を残さずアポクリン汗腺を熱去する方法

ミラドライやペアドライ、ビューホットのように、皮膚表面から電磁波や超音波、高周波を照射してアポクリン汗腺を熱去する方法であれば、わきに傷が残りません。
これらの治療方法では腫れや内出血が出る場合もありますが、わきを露出させなければバレませんし日常生活も問題なく行えて、症状も数日で治まるでしょう。
つまり、ダウンタイムが短い・傷が残らないというポイントをクリアしているのです。

また、サーミドライは皮膚に細い管を挿入してアポクリン汗腺を熱去する方法ですが、この管の跡もすぐに治り目立たなくなります。
ダウンタイムに関しても、皮膚表面から働きかける方法と同様にほぼありません。
これらの治療方法なら、わきが治療がバレる心配がないのです。

手軽に行うならボトックス注射

さらに、治療の傷ができずダウンタイムがない方法には、ボトックス注射があります。
治療時間も短く痛みや腫れがないことから、より気軽に受けられる治療方法です。
ただし、もともとボトックス注射は多汗症の治療に使われ、汗腺の働きを抑制するものであるため、アポクリン汗腺を除去することはできません。
また効果も徐々に落ちてくることから、何度も治療を受ける必要はあります。
しかし、最も人にバレにくく負担が少ない方法として、ボトックス注射は有効でしょう。
わき汗の量など一定の条件を満たせば保険も適用されるため、お金をかけたこともバレにくいといえます。