毛深い人はわきがになりやすいのはなぜ?

アポクリン腺は毛穴に存在する

私たちの全身に存在する汗腺は、毛穴に寄り添うように存在しています。
汗をかくときは、アポクリン腺やエクリン腺から分泌され、毛穴から発汗しているのです。
つまり、毛穴が多ければその分汗腺も多く、アポクリン腺の数が多いことからわきがになりやすいと考えることができるのです。
わきがチェックをするときに、毛深いことがポイントの1つになるのはそのためです。

毛深いと細菌が繁殖しやすい

もう1つ、毛深いことでわきがのニオイが発生しやすくなる理由があります。
それは、わき毛が密集していることで汗が蒸発しにくく、蒸れた状態になることです。
汗がなかなか引かずにこもった状態が続くと、細菌が繁殖しやすくなります。
また、密集した毛は細菌の温床となり、より細菌が増える原因となるのです。
その結果、アポクリン腺からの汗に含まれる脂質やたんぱく質を、細菌が活発に分解してニオイを発しやすくなるわけです。

わき毛を処理すればわきがが抑えられることも

わきがのニオイを軽減する方法の1つとして、わき毛を処理することが有効とされます。
これは前述のように、わき毛によって細菌が繁殖するのを防げるためです。
実際に、わき毛の処理をした場合としない場合では、前者の方がニオイを抑えられたと感じたというデータがあります。

ただし、わき毛の処理はあくまで細菌の繁殖の原因を除去するものであり、アポクリン腺を消滅させるものではありません。
わき毛を剃るのではなく脱毛をした場合も、アポクリン腺は除去されずそのまま残ります。
逆にいえば、アポクリン腺そのものを取り除くわきが治療(剪除法など)を行えば、近くの毛根組織も取り除くことができ脱毛効果もあるとされています。

肌を傷めることがあるので注意

わきが対策としてわき毛を剃ったり脱毛したりすることは、ニオイの軽減に有効です。
ただしこのとき、肌を傷めないように細心の注意を払うことが大切です。
カミソリで肌に傷をつけてしまう、また自分で毛を抜いて肌に負担をかけてしまうなど、誤った処理をすることで、わきを清潔に保ちにくくなります。
すると、結局細菌が繁殖する原因となってしまうのです。

せっかくわき毛がなくなっても、細菌が増えてしまってはニオイの軽減効果は期待できません。
また、特に女性は肌へのダメージが見た目的に問題になることもあるでしょう。
わき毛を処理するときは、脱毛クリニックで施術を受ける方が安全です。
また、剪除法などのわきが治療を受けることで毛深い問題も解決できることがあるため、さらにニオイ軽減に役立つのではないでしょうか。