お風呂上りなのに臭いのはどうして?

入浴方法が間違っている

わきがはアポクリン腺という汗腺の一種から分泌される汗が皮膚にいる常在菌によって分解されることで起こります。
つまり本来であれば、お風呂に入って体をしっかり洗っておけばわきがの臭いを発することはあり得ません。
ところがネットの掲示板などを見てみると、お風呂上りにわきがの臭いが気になるという人も少なからず掲載されています。
これはお風呂の入り方が間違っているためと考えられます。

シャワーだけでササっと済ませている

お風呂はシャワーだけでササっと済ませている人も多いでしょう。
これはお風呂上がりでもわきがの臭いの気になる理由の一つです。
夏場や夜遅く帰宅したときなど、短時間で済ませられるシャワーは重宝します。
しかし短時間の入浴だと、どうしてもわきの下の汚れを十分落としきれていない可能性が高いです。

ゴシゴシ洗い過ぎである

わきがが気になっている人の中には、わきの下を中心にゴシゴシ強めの力で洗っている方もいるでしょう。
気持ちはわかりますが、これはかえって逆効果です。
あまり強く洗浄すると、皮膚の常在菌のバランスの崩れる恐れがあります。
バリア機能が失われて皮脂が過剰に分泌されてしまう、もしくは良い菌がなくなって悪い菌が繁殖してしまうことで逆に体臭がきつくなることもありえます。

タオルの使いまわし

お風呂上りにバスタオルを使用しますが、タオルは毎日洗濯したものを使っていますか?中にはお風呂上がりのきれいな体を洗うから、何日間か使いまわしている人もいるでしょう。
もし毎日洗っていなければ、タオルにわきが臭の染みついている可能性があります。
するとせっかくお風呂でわきがの臭いの元をさっぱり洗い流しても、タオルでふき取ったときにわきが臭を自ら身体につけていることになります。

1日に何度もお風呂に入る

わきがを気にしている人の中には、1日に何度もお風呂に入ったりシャワーを浴びたりしている方もいるでしょう。
しかしこれは逆効果です。
私たちの皮膚の表面には表皮ブドウ球菌という細菌が生息しています。
この細菌のおかげで皮膚のバランスが保たれていて、肌にとって好ましい環境を作り出しています。
ところが1日に何度もお風呂に入ってしまうと、表皮ブドウ球菌を洗い流してしまっているのです。
表皮ブドウ球菌はだいたい24時間も経過すると元通りに回復すると言われています。
ですからわきが対策をしっかり行いたければ、お風呂に入る頻度は1日1回を心がけましょう。