どんなシーンでわきがが気になる?

わきがが気になるのはどんな時?

「自分はわきがかも知れない」「わきがの臭いが周囲に嫌がられていないか」など、わきがが気になるシーンはどんな時でしょうか。
自分でわきがの臭いを自覚している場合もあれば、自覚せずに人から指摘されたり敬遠されたりすることで気づく場合もあるでしょう。
わきがが気になるのには、人それぞれ様々なきっかけがあるのです。

わきがの臭いを感じるシーン

自分でわきがの臭いを感じて、気になってしまうというケースは多いです。
例えば、満員電車などで臭いを感じたときに、自分の臭いなのか、他の人の臭いなのかわからず気になってしまうという経験をしたことがある人は少なくないでしょう。
特に、夏など脇を露出する機会が増える季節には、臭いが強くなるので気になる人は多いものです。
わきがの人が近くにいても、わきがが伝染ることはありませんが、臭いは衣服など物にうつるので、自分がわきがではなくても臭いが気になることは十分にあり得るでしょう。
また、自分の体臭には気づきにくくても、衣服を着脱する時に衣服についたわきがの臭いが気になったり、寝具にうつったわきがの臭いが気になったりして、「自分はわきがかも知れない」と気づく人もいます。
衣服だけでなくお風呂のお湯にもわきがの臭いは移るので、入浴中にわきがの臭いが気になることもあるかもしれません。

わきがの臭いが強くなる時

わきがの臭いは常に一定ではなく、強くなったり弱くなったりします。
臭いが強くなれば当然わきがが気になることは増えるでしょう。
わきがの原因であるアポクリン汗腺の分泌が増えた時にわきがの臭いは強くなります。
私たちは、気温が高く汗をかきやすい夏や、人口密度の高いエレベーターや電車内、緊張やストレスなど、様々なシーンで汗をかきやすくなりますから、わきがの臭いが強くなる機会は日常の中に溢れているのです。
わきがは食事の影響を受ける場合も多く、肉類や脂質の多い食事が増えると、体内のたんぱく質が増えます。
タンパク質は分解されるときにアンモニアを発生させるので、体内のアンモニア量が増えるとアポクリン汗腺からアンモニアを多く含む汗が分泌され、わきがの臭いは強くなるでしょう。
また、女性の場合は生理前にホルモンバランスが乱れるのでわきがの臭いが普段よりも強くなるといわれています。
臭いが強くなることで、自覚していなかったわきがに気づくこともあるかもしれません。
「わきがかも知れない?」と気になったら、自分一人で悩まずにクリニックの無料カウンセリングを受けるのもおすすめです。