注意!汗臭いとわきがのニオイは違います!

汗臭さとわきがの臭いの違い

汗臭さとわきがの臭いは違います。
わきがのセルフチェックをするためには汗の臭いとわきがの臭いの違いをしっかりと知っておく必要があるでしょう。
汗臭さもわきがも汗が原因ということは共通していますが、臭いの強さや沈着も違いますし、ケア方法も異なります。
正しいケアをするためにも汗臭さとわきがの臭いの判別を確実に行いましょう。

汗臭さが起こる原因

汗臭さを引き起こしている汗は、エクリン汗腺から分泌されます。
成分の99%が水で、残りの1%はミネラル・塩分・乳酸となっています。
汗は本来無臭ですが、汗をかいた後に臭くなるのは、出た汗を放置することで雑菌が繁殖してしまうためです。
雑菌が繁殖する程度によって臭いには強弱がありますが、わきがの臭いに比べると弱く、正しいケアをすれば抑えることが可能です。

わきがの臭いの原因

一方、わきがの臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因です。
乳白色の汗で、脂質やたんぱく質、糖質、アンモニア、鉄分など様々な成分を含んでいます。
塩分が含まれていないので皮膚がアルカリ性になりやすく、雑菌が繁殖しやすいのが特徴です。
汗をかいたときには無臭ですが、雑菌の繁殖とともに強い臭いになります。
わきが特有の強烈な臭いは、本人はもちろん、周囲にも良い印象を与えません。
改善させるのが難しい場合が多く、根気強いケアが必要になるでしょう。
重症度にもよりますが、症状が強い場合はクリニックでの治療も必要になります。

自分で見分けられない場合は病院を受診

わきがの臭いと汗臭さの違いがわかっても、セルフチェックでどちらかを判断するのが難しいことは多いです。
わきがは、強い臭いを常に嗅いでいるうちに鼻が麻痺することがあり、自分では臭いを感じなくなることもあります。
家族など信頼できる周囲の人に聞いてみて指摘されたらわきがを疑った方が良いかもしれません。
また、わきがは遺伝的要因もあるといわれているので、家族にわきがの人がいる場合は要注意です。
わきがの場合、無色透明の普通の汗と違い、乳白色の汗が出るので、衣服が黄色くなるなどの症状がある場合も、わきがが疑われます。
ただし、普通の汗でも放置しておくと空気に触れて酸化し、衣服が黄色くなることもあるので、衣服に汗染みができたからと言って必ずわきがだというわけではありません。
汗臭さなのか、わきがなのか自己判断が難しい場合は、病院を受診することをおすすめします。