わきがの臭いが強くなることはある?

アポクリン腺の働きが活性化すると臭いがきつくなる

わきがの人の中にはその時々で、臭いのきつさが変わってくるという方もいるでしょう。
わきがの臭いが強くなるのは、アポクリン腺の働きが活発になったからと考えられます。
アポクリン腺から分泌される汗を餌にして雑菌が群がることで臭いを発します。
アポクリン腺からの発汗が活発になれば、雑菌が繁殖しやすくなる、すなわち臭いが強くなってしまうのです。

肉食ばかりは臭いを強める

わきがの方は食生活に注意が必要です。
肉食ばかりの食生活を続けていると、アポクリン腺が刺激され、その働きが活発になってしまいます。
肉中心の食生活、脂っこい食べ物を多く食する機会のある人は食事を見直したほうがいいでしょう。
動物性たんぱく質の摂取を控えて、野菜などを積極的に食べる習慣をつけましょう。
和食中心の食生活にすれば、アポクリン腺の働きを抑制できます。

疲れている人は休養を

慢性的に疲れていると、アポクリン腺が刺激されていて、臭いのきつくなっている可能性があります。
同様にストレスを過剰に溜め込んでいる人も、臭いが強まっているかもしれません。
心当たりのある人は、休養をしっかりとったほうがいいでしょう。
ストレスフリーの生活は現代社会では難しいでしょう。
そこで適度にストレスを発散できるような趣味を持ってみるのもおすすめです。
趣味がなければエステやマッサージ店などに行って、リラックスできる時間を作るといいでしょう。

オロナインで治るは嘘

ネットを見てみると「オロナインでわきがを治せる」という話が出てきます。
オロナインの中に含まれているクロルヘキシングルコン酸塩に殺菌作用があるので、わきがに効果的といわれるようになったのでしょう。
確かに皮膚の常在菌を殺菌することで、一時的に臭いが軽減されるかもしれません。
しかし長期的に見るとむしろオロナインを塗ることで毛穴をふさぎ、常在菌が繁殖しやすくなります。
結果的に臭いがきつくなってしまうので、オロナインをわきの下に塗るのはやめたほうがいいでしょう。

喫煙や飲酒を控える

タバコやアルコールも感染を刺激する作用があると言われています。
喫煙習慣があったり、よくお酒を飲んだりする人はわきがの臭いを強めている可能性があります。
お酒やたばこはわきがだけでなく、体臭全般を強める傾向があると言われています。
お酒もたばこもやりすぎは体に毒といわれているので、禁煙や禁酒に取り組んでみてはいかがですか?