自分で耳垢を見てわきがかどうか確認しよう

耳垢が湿っているとわきが?

耳垢が湿っている人は、よくわきがの可能性が高いと考えられています。実際にそれは迷信ではなく、しっかりとした根拠に基づくものです。そもそもわきがの原因は、アポクリン腺という汗腺にあります。アポクリン腺の働きが活発だと、体液が外に分泌され、それが皮膚上で菌と反応する結果わきがになるのです。つまり、アポクリン腺の働きが活発であればあるほど、わきがになる可能性は高いということになります。このアポクリン腺の働きが強い人は、耳垢も湿りやすいのです。つまり、耳垢が湿っているという方は、わきがになっている可能性があります。わきがというのは自分で気付けないこともあるので、耳垢がいつも湿っているという方は、わきがを疑うのも良いです。もちろんそれがすべてとは言いません。しかし、アポクリン腺がある部位は限られているため、脇や耳でセルフチェックするしかないのです。

耳垢の確認方法

耳垢に関しては、耳かきで確認しても良いです。しかし、耳垢が湿っているタイプの人は、耳かきよりも綿棒の方が良いです。耳垢が濡れていると綿棒に付着してくれるので、そこで絡め取って確認してみてください。ただ、湿っているとは言っても、そのレベルがわからない方もいるかもしれません。耳垢の濡れ具合に関しては、手で触ってわかるほどだと要注意です。普通、耳垢というのは乾燥していて、渇いた土のような色をしています。しかし、湿っている方は黄色というよりも茶色が濃く、濡れているのがわかります。耳垢が湿っていた場合は、自分の体質に関してもしっかりと確認することが必要です。もちろん、耳垢が湿っていたからと言って、必ずわきがなのかと言えば、そうではありません。わきがに関しては、匂いが強烈な人もいればそこまで強烈ではない人もいます。そこは体質によっても変わります。わきがを心配するのなら、セルフチェックで判断する他、人に聞いてみるのも良いです。

治療が必要なレベルの場合

わきがに関しては、人に指摘されるということもあります。人に指摘されるという場合は、相当重度なわきがだです。軽度のわきがの場合、臭いことは臭いけれどそこまで問題視されないことも多いです。ただ、重度だった場合は、医師に相談して治療するのが良いかもしれません。わきがの原因となっているアポクリン腺の働きを抑えれば、わきがは根本的な治療が可能です。近年は手術や施術も充実しているので、わきががコンプレックスの方は治療してみてはいかがでしょうか。